開門落葉多 

2017, 11. 10 (Fri) 18:58

img_0_m31.gif 
日がだいぶ短くなってまいりました   
朝風、夕風が肌寒く身にしみます
木枯しの季節
お体ご自愛くださいませ

👇フラッシュ動画:パソコンの I E 上で動作します
※Google Chrome では△

divider03_201710062129113cc.gif 
cac195b09963765c91f42047167b3a43_s.jpg 
ずっと月を見ています。
1日の十三夜から4日の満月、5日の十六夜~

6日は日暮れから立って待っている間に出てくる立待月(たちまちつき)
7日はゆっくり坐って待っている間に出てくる居待月
(いまちつき)
8日は寝て待つほどゆっくり登場寝待月
(ねまちつき)
9日は夜が更けてようやく出てくる更待月
(ふけまちつき)

満月の後は「待つ」の文字がつく月の名前が続く。
毎晩待ち続けて、思いがつのって、やせ細っていく月。
とロマンチックな言葉はおーなり由子さん

そして10日は二十日余の月(はつかあまりのつき)
お月様もどんどん出が遅くなって、🌓半分ほどにやせ細ってしまいました。

86f24d361f9d80c0074db6ca1df770f0_s.jpg 
11月の詩

「大きな文字」
      金子みすゞ
お寺のいちょうの
大筆で
誰か、大文字
かかないか。


東のお空
いっぱいに、
「コドモノクニ」と
書かないか。


いまに出てくる
お月さん、
びっくりしゃっくり
させないか。


今、街路樹の銀杏が鮮やかな黄色に色づいて綺麗です。
※転載元:転載フリーの
金子みすゞ詩の世界みすゞこれくしょん©HeartFactory

296eb7aaf2c31d4ab9367647e61475cc_s.jpg 
【茶の湯の禅語】 
お茶会の茶室で目を引く掛け軸
墨書はほとんどが「禅語」
その奥深さに心を打たれます。


聴雨寒更盡  雨を聴いて寒更尽き
開門落葉多  
門を開けば落葉多し

昨夜は雨の音を聴きながら、寒さの中で朝を迎えた
門を開いてみるとあたり一面の落ち葉
雨音は落ち葉が屋根に当たる音だった

             『山居の偈(げ)』
※寒更:寒い夜更け
【晩秋の寂寥たる山居の風情を詠んだ句】

参考:茶の湯 禅語便利帳 主婦の友社
9ab74ac2f917186e649b518249a0355b_s.jpg  

ranking.gif                 
 img_23_m_201711101829006a5.gif      

material_96_36_1.gif  

秋月揚明輝 

2017, 11. 08 (Wed) 00:02

img_4_20161030223701a54.gif
 
ずっとうっとおしい長雨だったけど、
このところ穏やかな晴れた晩秋の日々が続いています。
十三夜(1日)~満月(4日)~十六夜(5日)と毎夜、月が綺麗🌕
「十六夜はわづかに闇の初め哉」芭蕉
満月からすぐ月は欠け始めるのですね!
2bbd2f4f0475f00a27aa6a68348bafc5_m_convert_20171106231502.jpg
🍂季節が見える二十四節気・七十二候

二十四節気
立冬 11月7日
暦の上では冬の最初。
だんだん太陽の光が弱くなり、昼が短くなったことを感じる。
冬の到来の木枯しが吹いて、落ち葉を払う。
時雨が降って、しみじみとした気分になる。

七十二候
楓蔦黄(もみじつたきばむ) 11月2日
楓やつたの葉が色づく。
山茶始開(つばきはじめてひらく) 11月7日
さざんかの花が咲き始める。

地始凍(ちはじめてこおる) 11月12日
大地が冷えて凍り始める。

もう暦上では冬ですね!
151103 09;10;39 <<「秋」色々素材>> - Let it GO! - 019

夭折したクリスチャン詩人八木重吉の秋の詩を

 秋のこころ
     
水の音がきこえる
水の音のあたりに胸をひたしてゆくと
ながされてゆくと
うつくしい世界がうっとりと明るんでくる

出典:青空文庫

👇フラッシュ動画:パソコンの I E 上で動作します
※Google Chrome では△


 
img_17_m_20171107224833119.gif 

茶の湯の禅語】 秋月揚明輝
fa91860ab4eef23a60bc87e763ce5d4d_s.jpg 
少しお茶を嗜むのですが、
茶道の茶室で目を引く掛け軸
墨書はほとんどが「禅語」
その奥深さに心を打たれます。

b5ce18b6b591293635491defee6959d0_s_201711081701256fc.jpg 

※画像はイメージ、墨書は記事とは無関係m(__)m

四季の趣を詠んだ陶淵明の「四時の詩」という美しい詩があります。
四時とは四季の事

春水満四澤  
春水、四沢に満ち

夏雲多奇峰  夏雲、奇峰多し

秋月揚明輝  秋月、明輝を揚げ

冬嶺秀孤松  冬嶺、孤松秀ず


春は水が四方の沢に満ち

夏は奇峰のような入道雲がむくむく湧き

秋は月が明るく輝き

冬は嶺に緑の松だけが一本高くそびえている

  
例えばこの詩から、茶室の掛け軸に
「春水満四澤」などと墨書されています。

「花鳥風月」

やはり秋は「月」ですね。

参考:茶の湯 禅語便利帳 主婦の友社

ranking.gif                 
img_0_2017110719203889f.gif    
直下の『RANKING バナー』
応援クリックしていただけると順位がUPするので励みになります

material_96_36_1.gif  

時間は何処へ行ったの 

2017, 07. 29 (Sat) 00:18

shochu-logo.gif
img_4_20170728225641ac3.gif

【季節の見える七十二候】
7月28日 土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)
大地がじっとりと熱を持ち蒸し暑くなる頃。
蒸し暑いことを「溽暑(じょくしょ)



842934.png
 
img_3_m_20160731151724328[1] 

Time flies.
光陰矢の如し
Where did the time go?
 
(気づいたらあっという間に時間がなくなっていたの意で)
時間は何処へ行っちゃったの!?

時の経つのは早いです。
6月末 今年ももう半分終わってしまったと思ったら、
それから1ヶ月後の7月ももう終り。
早過ぎますニャ~!
img_5_m_20170728161615f24.gif 

『こころの歳時記』
1ヶ月ブログをお休みしたので今浦島の記事ですm(__)m
一年の折り返し6月30日は「夏越の祓(なごしのはらえ)

神社で茅をよって作った大きな輪「茅(ち)の輪」をくぐって、
半年分の罪・穢(けがれ)を祓いました(^^;)
65a0694b2d85519836a82ec7cb321fdd_s_2017072816512408b.jpg  
「茅
の輪」くぐりの作法
左回り⇒右回り⇒左回り⇒正面へ 
案内板を読み間違えたか、左⇒左⇒右とくぐってしまいました(>_<)
これでは厄除けにはならないかも?
どうしよう!(泣)


876513077477322278[1] 

カトリックのはしくれなのに
四国を遍路してから仏教の本を色々と読んでいます。
欧米人のお遍路さんもけっこういました。
宗教は異にしても、良いものは良いのかも(*^-^*)

ヘタな人生論より仏教の救われるひと言
迷い悩む心がふっと軽くなる仏者からのメッセージ!
人生の迷いに偉人賢人達の言葉を心のよりどころとしてますが、
仏典の言葉も時代を超えて訴えかけてくるものがあります。

【良き友を持つと人生はもっと豊かになる】
友人の欠点を恐がらずに指摘できるか

「真の友であり続けるには三つの条件があります。
 ・お互いの欠点を指摘し合うこと
 ・相手に良い出来事があった時には喜んであげること
 ・災いに見舞われた相手を捨てないこと」
  (因果経)



【小さな積み重ねが揺るがない自分を作る】
物事を悪い方に考えるか、常に良い方に考えるか

「暗い気持ちでいると、悪いことばかりおこります。
 明るい気持ちでいれば、いいことばかりが起こるようになります。」
  (空海「性霊集」)

「誰の人生でも不幸と幸福は平等にやってくる」
大切なのは「不幸な出来事」の時も
マイナス思考をやめてプラス思考を心がけることと。
でもね、ネガティブは私の性分だから。


【やりたいことをやれば人生に悔いは残らない】
今やるべきことに全力を尽くしているか

「過去は既に過ぎ去った事です。
 未来はまだやってきていない事です。
 だとすれば、今やるべき事に集中しなさい。」
  (一夜賢者経)

過去への後悔も将来への不安も、
気持ちが滅入るばかりで何の利益にもならないなら、
「やめなさい」とブッダはいう。
でもね、捨てられない捨てたくない過去もあります。

一部引用:「ヘタな人生論より仏教の救われるひと言」 植西聰 河出書房

img_16_m_20170723121008e77.gif

ε(●’-‘)з†.。*・☆Good Night☆・*。.†ε(‘-’●)з
img_1_m_20170728170833c7d.gif    


ranking.gif                 
img_15_m_201512261650338d2.gif

material_96_36_1.gif      





行雲流水 

2017, 07. 23 (Sun) 16:18

842934.png

今日23日は
「大暑」
暦の上では一年で一番暑い頃
でも朝から雨模様で
連日の猛暑から解放されてホッと一息!
  img_10_m_2017072312100627a.gif


 ♪ 海は広いな 大きいな
海はいいですね。 

 ♪ 海は大波 青い波
 ♪ 行ってみたいな よその国

海の向こうにはまだ見ぬ国があるロマン
fra-white500.gif 

 山のあなたの空遠く、
 「幸」住むと人のいふ。

山は、
あの山の彼方には何があるのだろうと行ってみたけれど、
同じ様な風景がただただ広がっているだけでした(泣) 
542f3c6fe2da0c086bec32c757a47d41_s_20170723091015ffd.jpg 
   
img_7_m_201607251749419c4_2017072309503915d.gif 
文字に書かれた言葉も生きていると思います。
人は言葉の力によって心を動かされるから。

迷い悩む心に
ヘタな人生論より仏教の救われる一言を求めて。

《ホッとする禅語》

【雲は嶺頭(れいとう)に在って閑不徹(かんぷてつ)
 水は下に流れて太忙生
(たいぼうせい)
                   虎堂録
※閑不徹:徹底して閑静なこと
 太忙生:はなはだ忙しいこと


白雲が山頂にポッカリと浮かんだままで少しも動かず、
静かに横たわっている。
渓流の水は少しの休みもなく忙しげに音をたてて流れている。
雲は自らを閑とは思っていない。
流水も自らを忙しいとは思っていない。
どんなに暇だろうと忙しかろうと、
雲や流水のようであれば静かな境地でいられると。

一部引用:禅語事典 平田精耕 PHP

禅語の言葉にホッとし、心の平安を求めるのだけど
色々な煩悩や妄想がうろちょろしている私には、やはり無理っぽい!
img_16_m_20170723121008e77.gif 


ranking.gif                 
img_15_m_201512261650338d2.gif

material_96_36_1.gif      


山紫水明 

2017, 03. 29 (Wed) 23:42

img_17_m_20170329224658874.gif 

春になってもまだ降る雪を「なごり雪」といいます。
昨日の冷たい雨でマザーマウンテンはまた雪化粧❄
春と冬とがまだ行ったり来たり
イルカの歌が思い出されます。

PhotoFunia-1489134687.gif
♪  汽車を待つ君の横で僕は
 時計を気にしてる
 季節はずれの雪が降ってる

「東京で見る雪はこれが最後ね」と
 さみしそうに君はつぶやく
 なごり雪も降るときを知り
 

 img_13_m.png 

【あったまる禅語から】
あったかく包んでくれる言葉
一歩前へと勇気づけてくれる言葉
背筋をピンと伸ばすよう促してくれる言葉・・・
禅の教えである「禅語」は
まさに先人たちの知恵の結晶である。
(著者の言葉)


山花開いて錦に似たり
澗水湛(かんすいたた)えて藍の如し

山々に咲いた花は錦を織りなした様に美しく、
(たに)の水も満々と湛(た)えて青々としている。


自然は美しいが、万物は流転し生滅変化がたえない。
滅びゆくものの美しさ。
img_27_m_20170329223401090.gif 


柴山全慶老師の詩
1894 - 1974年 臨済宗の僧侶、仏教学者

《花語らず》


「花は黙って咲き、黙って散ってゆく
 そして、再び枝に帰らない
 けれども その一時一処に
 この世のすべてを託している
 一輪の花の声であり 一輪の花の真である
 永遠にほろびぬ生命の
 よろこびが悔なくそこに輝いている。」



人間も自然の摂理の中に生きている。
そしていつか姿を消していくはかない存在
img_1a.gif 
出典:あったか禅語 石富博光 アスコム


もう一つ自然の道理を詠んだ【良寛の漢詩】を。

(現代語訳)
花は蝶を招こうとして咲いているのではなく
蝶に花を訪ねようという心があるのでもない。
花が咲くと蝶が飛んできて、
蝶が飛んでくる時に花が咲いている。
私は他人を知らないし、
他人もまた私のことを知らない。
互いに知らないながら、自然の道理に従って生きている。

img_2c.gif 

仏の境地では
この世に生きているものは、
皆この世に必要だから生まれてきた。
花と蝶のように
お互いに必要とされているし、
お互いを必要としている。
他を生かし、他に生かされている。

参考:日本の名句・名言 増原良彦 講談社現代新書


 ♫山野幽居♬
太極拳の演武で伴奏曲にしているお気入りの曲
~俗世間を避けて引きこもって山野に静かに暮らす~

何となく寂しい夜
心地良い旋律に
疲れた心が癒されます


img_31_m_20170319181928a61.gif 
 img_45.gif  


ranking.gif 
img_15_m_201512261650338d2.gif     img_20_m_201512261650348b0.gif