2017_09
07
(Thu)00:03

八方美人 是か非か?


季節が見える二十四節気・七十二候
【二十四節気】 白露 9月7日
朝夕少し涼しくなり、草木の葉に白い露が宿るようになる。
まだ気温の高い日もあるが、秋がゆっくりと近づいたと感じられる。
草むらでは虫の音が涼しさを一層濃くしている。

【七十二候】 草露白(くさのつゆしろし) 9月7日
草の葉に白い露が宿る 
 


現実は秋雨前線の影響で昨日も今日も明日も雨模様🌂
img_1_m_2017090622320857c.gif 


876513077477322278[1]


img_0abc_m_201708311432389da.gif   
8月31日の記事「二兎を追う者は」の続きです。

私のゴルフ、太極拳、テニスetc
『顔氏家訓』の「下手の横好き」を戒める言葉が胸に重い!


中国古典の『顔氏家訓』という書の中にも、
「八方美人」「下手の横好き」を戒める言葉があります(>_<)


『顔氏家訓』(がんしかくん)
中国北斉の顔之推(がんしすい)が著した家訓
子々孫々に対する訓戒の書


『抜粋』
第十二章専心論 158 下手の横好き

「多言するなかれ、多言すれば多敗す。
 多事なるなかれ、多事なれば患い多し」

【大意】
「おしゃべりするな、口は禍のもと。
 余計なことするな、生兵法は大怪我のもと」

実感!この言葉のとおりですね!

ea55e557f48b60fd943f38d0ff5da52a_s.jpg 
ムササビの画像が無くて(^_^;)
ムササビさん、あそこまで空中散歩お願いしま~す!


「多くを為して善少なきは一を執(と)るに如かず
 鼫鼠(せきそ)は五能あるも伎術(ぎじゅつ)を成さず」

【大意】
「いろいろなことができる器用貧乏よりも、
 ひとつのことをしっかりとできるほうがよい。
 五能のムササビ下手の横好き」

蔡邕の「勧学篇」に
「ムササビは、飛べるが屋根を越えられず、
 登れるが木を極められず、
 泳げるが谷を渡れず、
 穴を掘れるが身を覆えず
 走れるが人に先んずることができないのだ。」


参考:世説新語・顔氏家訓 中国古典文学大系 平凡社

以前ムササビを見たことあるけど、
獣なのに飛膜で木から木へ100m以上滑空するの。 

たとえ陸・空・水の達人でなくても、ムササビさんの万能なのは凄~い!



ムササビの転載可能な画像を探していたら「高尾山のムササビ」がヒット!
高尾山は行ってみたいけど、まだ行けてないけど、
ムササビ観察の本場だったのですね。
a2c6dea2951ea12982eeff0db613dfb4_s.jpg 



img_13_m_20160627091424224.gif

やっぱり猫が好き
img_10_m_201708311417552ef.gif 
算数の宿題ガンバ!
4×4は答えが違うでしょう!

ranking.gif                 
img_23_m_20170827122603b48.gif 

material_96_36_1.gif  


                           

C.O.M.M.E.N.T

いいのです

下手の横好き、いいのです。
それが「生きている人のなすこと」
世のため人のために生きるのではなくて、まずワタクシがワタクシのために生きるのです。
世の中にはまだ経験したことのない面白そう!楽しそう!がいっぱいあります。
全部やってみましょう。
大成する必要はありません。

2017/09/07 (Thu) 19:52 | ヨリックです #- | URL | 編集 | 返信

Re: いいのです

ご助言、ありがとうございます。

2017/09/08 (Fri) 17:15 | 春花月夜 #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント