2017_05
16
(Tue)06:44

春の女神 佐保姫

  
「悲観的になったら薔薇を眺めよ」
 アルベール・サマン

大好きな薔薇🌹

春の薔薇フェスタが始まりました。
花を愛でると心が癒されます。

お気に入りの【花の言の葉】

「咲くも無心 散るも無心 
 花は嘆かず 今を生きる」
(坂村真民)

「花は優しい。見る人を慰めて何も見返りを求めない」
(美輪明宏)

「花はただ咲く ただひたすらに」
(相田みつを)

170311 19;08;12 ★「ライン」GIF・PNG素材・・・花&蝶★ 037 
5月ももう半ば 
季節は初夏を思わせ梅雨の走りの様な天候
自意識の中では3~5月が春なので
去りゆく春の女神に思いを馳せます。

春の女神 佐保姫

【佐保姫】(さほひめ)
五行説では春は東の方角にあたり、
平城京の東にある佐保山に宿る神霊「佐保姫」を
春の女神と呼ぶようになった。
白く柔らかな春霞の衣をまとう若々しい女性
01_2017051508395882e.jpg link_1.gif

五行説
古代中国
に端を発する自然哲学の思想。
万物は木・火・土・金・水
の5種類の元素からなるという説。



春と競うもう一つの美しい季節 秋
【竜田姫】(たつたひめ)
五行説では西は秋に通じ、
平城京の西にある竜田山に宿る神霊「竜田姫」を
秋の女神と呼ぶようになった。
鮮やかな緋色や黄金の秋の草木の錦を纏った妙齢の女性

竜田山を彩る紅葉の美しさから、
紅葉を赤く染める女神として染色が得意ともされた。
当時、染めものが得意であることは良き妻の条件の最たるものだった。
tatutahime3.jpg  

『四人の女神』
春を司る「佐保姫」、秋を司る「竜田姫」
春秋の女神に比すればマイナーな
夏を司る「筒姫」
冬を司る「宇津田姫」(白姫・黒姫とされることも)
調べても詳細はよくわかりません。

夏の女神【筒姫】
tutuhime1.jpg 

冬の女神
【宇津田姫】(白姫・黒姫と呼ばれることも)
ututahime1.jpg  
bana-ju-goya_201705151513348d3.jpg

参考:Wikipedia
   こころ歳時記 吉元由美 ディスカヴァー・トゥエンティワン


170311 19;08;12 ★「ライン」GIF・PNG素材・・・花&蝶★ 037 



komati-wc6_20170506153310847.gif 
平安調にしたのでやはり好きな清少納言も。
今回は「絵に描くことによって実際よりよく見えるもの」

5/1の記事「桜~清少納言と静御前」の
絵に描いたために本来の素晴らしさが失われるもの
の続きです。

枕草子(第117段) 描きまさりするもの

(原文)
描きまさりするもの
松の木。
秋の野。
山里。
山道。

(現代語訳)
絵に描いて見ばえのするもの
松の木。
秋の野。
山里。
山道


img_5_m_2017051523020420c.gif  

出典:日本の文学 古典編 枕草子(上) ほるぷ出版


ranking.gif 
img_15_m_201512261650338d2.gif     img_20_m_201512261650348b0.gif      
           arrow_tenmetsu_r.gif arrow_tenmetsu_r.gif arrow_tenmetsu_r.gif   
上のRANKING バナー』応援クリックしていただけると
 順位がUPするので励みになります




コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2017/05/19 (Fri) 21:54 | | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント